秋冬こそ美白化粧品!夏だけじゃダメ!

美白化粧品は夏だけ?秋冬も使うべき?

【程度と期間】はっきりと目立つシミが頬に3箇所・3年

47歳

私は年中通して美白化粧品をつかっています。春、夏の紫外線ケアはもちろんですが、夏に浴びた紫外線でシミが作られ増え出すのは秋からだからです。年中通してケアすることでシミの予備軍をできるだけ作らないようにしています。

【程度と期間】頬を中心に薄いシミと濃いシミ・20年

40代

一年中美白化粧品を使い続けます。理由は、どの季節も紫外線は降り注いでいるし、保湿と美白成分を常に届けていないと新しいシミがでてきたり、薄くなりかけていたシミが濃くなったりするからです。ただしクリームや美容液など肌状態で足したり引いたりはします。

【程度と期間】幼い時からのそばかす、30代から増えだしたシミ・30年

50代

若い頃は美容=美白というくらい、美白コスメに力を入れていました。しかし今は年齢が年齢なので、アンチエイジングのスキンケアをライン使いしています。それに美容液だけ美白効果の高いものを1点加える、という形で、ここ数年は一年中過ごしています。今年はそれに加えて、日中用のSPF値が高めの乳液も、美白ラインのコスメから選びました。その乳液がそろそろなくなるので、祖地位だけは元のアンチエイジングのものに戻そうと思っています。美容液の方は冬も続けます。

【程度と期間】両頬にぼんやりとした茶色シミが1つずつ・6年

33歳

美白化粧品は季節を問わず、一年中使用しています。なぜなら、春夏にできたシミそばかすは秋になっても消えてくれないからです。秋冬も美白化粧品を使い続けて、少しでもシミそばかすを薄くしたいと考えています。また、秋冬にだって弱くても紫外線はありますしね。

【程度と期間】目の横の生え際あたりにシミ1つ・3年

40代

美白化粧品がまだ余っています。それと秋冬とはいえ紫外線は気になります。手順として慣れているし、美白化粧品を使っている事での安心感もあるので、このまま美白化粧品を秋冬の間もずっと使い続けようと思っています。

【程度と期間】目の下に大きなシミ・4年

40代

美白化粧品は、これから冬になってきてもずっと同じものを使い続けます。秋冬で太陽光線がゆるくなったとしても、紫外線は相変わらずしっかり多いと思われるので、引き続き美白化粧品を使わないと、シミが増えたりするのではないかと不安だからです。

【程度と期間】そばかす・3年

33歳

美白化粧品は同じものを一年中使っています。春夏は紫外線に浴びる機会が多いので悪化を防ぐため、秋冬は春夏に受けたダメージを根本的に改善するといった目的です。美白化粧品は単発で効果が出るというよりも使い続けて効果が上がるものが多いと思います。

【程度と期間】ニキビ跡・5年

22歳

私は今年の4月頃から美白化粧品を使用するようになりました。というのも、数年前からニキビ跡で悩んでおり、少しでも改善して自分の肌に自信が持てるようになりたかったからです。とは言っても美容皮膚科の治療などを受ける経済的余裕もなく、美白化粧品を真面目に使ってみることにしました。私は継続こそが大切だと思うので、夏以外の季節でも美白化粧品を使用し続けたいと考えております。現に私は半年以上の継続で効果が実感できるようになりました。

【程度と期間】ポツポツとまばら・2年

27歳

秋冬も変わらず美白化粧品を使います。シミ対策をし続けてきましたが、夏場に受けた紫外線ダメージを夏のうちになかったことにできるとは思っていないからです。実際シミは薄くなっても消えることはなく、加齢とともに増えていくのをケアによって抑えているような感じです。だから紫外線量の少なくなる秋冬こそ、しっかり美白ケアだと思っています!

【程度と期間】頬にシミ5〜6個とくすみ・5年

53歳

夏場から使っている美白化粧水は、今年の冬も使い続ける予定です。乳液やクリームは冬場に備えて、保湿効果が高いものに切り替えて使います。やはり冬の乾燥は肌にとっては負担が大きいものです。外出時も就寝時も、保湿効果が高いコスメは必須と言えます。しかし冬場も紫外線はありますから、化粧水は美白のものを使い続けようと思っています。

シミを消すためのコツは秋冬にあり!

シミを消す、薄くするとはよく言いますが、実際にそれって不可能なんです。言葉の定義としては。

補足:シミを消す方法の真実

シミって別に言うほど異常なものじゃないんです。私達の肌色を作っているメラニンがたまたま集合しているだけ。だから中身は普通です。

だからシミを消すというのは不自然なんですよね。

さらに美白というと夏のイメージがありますが、夏はメラニンが増えやすいだけで、シミを消す時期というわけじゃありません。シミを消すためなら秋冬のほうが重要なんです。

なぜならターンオーバーが遅れがちになるから。

不要なメラニンはターンオーバーでしか排出できません。乾燥しがちな秋冬こそ、シミを消すチャンス。というより追い出すですね。

シミを消したいならレーザー!今は怖くない

シミを消したいなら、種類にもよりますが本当にレーザーがお手軽です。

費用がかなりかかるイメージがありますが、10万円もかからず数万円で済む場合がほとんど。もちろん、再発しないわけじゃないですが、悩んでいるならとにかくレーザーが早いです。

ただ、シミができるということは、レーザーで完全にゼロにしてもまたできるかもしれないということ。シミができない肌質や習慣を作っていかないと、毎回レーザー頼みになってきます。さすがにそうなると費用面が心配ですよね。

ではレーザー以外でいい方法はあるかというと…

レーザー以外のシミ取り方法

読めば分かりますが、やはりレーザーに近い方法はないということ。地道にターンオーバーで追い出すしかないんですね。

それとやはり紫外線対策がとても重要。これが完璧ならそうそうシミはできないんです。

ここさえちゃんとできているなら、レーザーに甘えてしまってもいいのではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加